電話問い合わせ
0847-22-3211
営業時間8:30〜17:30
(土日祝日をのぞく)
メール問い合わせ
仮想通貨仮想通貨

開業医開業医

登録政治資金監査人登録政治資金監査人
事業承継事業承継

飲食業飲食業

セカンドオピニオンセカンドオピニオン
相続税相続税

新規開業新規開業

確定申告確定申告
贈与税贈与税

融資事業拡大融資事業拡大

相続税

相続税とは、亡くなった方から財産を相続したり遺言で取得した場合に相続人に課される税金です。

相談事例1

中小企業のA社長が亡くなられた。自社株の評価が大きくて相続税が多いことにびっくりし、相談に来られた。自社株の承継で税金を安く抑えることができ大喜びのうちに解決した。
 

相談事例2

B様が余命を宣告され、B様の奥様がご相談に来られた。居住用の不動産を奥様の名義に変えておきたいというご相談でした。ご主人様が亡くなる直前でしたので、生前贈与することにより相続税を安くすることができた。

相続

海外不動産をお持ちの方の事例

Q. 日本に居住している日本人Aさん。ハワイに不動産を残して亡くなってしまいました。この場合ハワイの不動産に対する相続税はどうなるでしょうか。

A. ハワイの不動産にも日本の相続税が課税対象となります。但し、平成29年4月以降の相続について、家族全員で10年を越えて海外に居住(国内に住所無し)していれば課税の対象ではないので計画的にされてみても良いでしょう。