智創税理士法人広島事務所写真

HOME | 飲食業

飲食業

当事務所の所長自ら飲食店の経営もしていました。そのため飲食業に関わるお客様の気持ちには人一倍寄り添うことができます。経営分析をグラフで示し、試算表、資金繰り、キャッシュフロー計算書を作成し、毎月1回のご訪問時に経営会議を行っています。飲食業は現金商売のため税務調査を受けやすい業界ですので現金管理が重要です。毎日の現金出納帳を欠かさず付けましょう。

相談事例1

レストランを40年経営されているオーナー様よりご相談。近隣に飲食店ができ、その影響から売上げが少しずつ減少。ABC分析を提案したところ、客観的に売れ筋メニューを見付け出すことができ、そのメニューをグレードアップしてお客様の満足度を上げることができた。売上げが3割アップして、更に設備投資まで可能となった。
 

相談事例2

レストランを10年経営されているオーナーシェフ様よりご相談。3年に1回の割合で税務調査がありその度修正申告をいわれ税金を加算されていた。更に調査の時には仕込みができないので困っているという相談。毎月の巡回監査と書面添付を提案し、顧問となってから2年目に税務調査があったが、こういう場合には税理士が税務調査官と当方の事務所で話し合うため、仕込みの時間を取られることなく、指摘をされることもなく税務調査が終了した。

飲食